プロフィール

tengan

登録 2020年6月27日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 7月 次月
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月間アーカイブ

2021年7月

2020年6月

他ユーザー最新記事

Test 2 ひみつNo.36464

test ひみつNo.36464

買い物依存症軽減 ひみつNo.36499

夏っていう散財季節イベント ひみつNo.36502

やる気がおきない。 ひみつNo.36503

財布を直撃 ひみつNo.36500

とうとう動き出します れっつ

おっはよう^^ ひみつNo.36499

新年早々ピンチ。その対処法は・・・ ひみつNo.36502

年末なので、抱負を。 ひみつNo.36503

ワンカラルームで、有線マイクの比較をしてみました 新しいテクノロジーの音

財布が寒い ひみつNo.36500

なんでも鬼滅な今日この頃 れっつ

2020/11/24 日録 もぐ

物欲センサー。 ひみつNo.36499

よ~く考えよう!お金は大事だよう ひみつNo.36502

子供のための美容のヒント ひみつNo.36480

最近。。。。は Cuckoo

将来のために ひみつNo.36503

将来のために ひみつNo.36503

2021/7/19

Jul
19

修平さんとの関係を

修平さんとの関係を誤解はされたくないけれど、ヤキモチを妬いて貰えるのはくすぐったくて嬉しかった。

 

次に修平さんから電話がきたのは、二日後だった。

 

『お祖母さんの最後の遺言の公開立会いに、楽の名前が挙がってるんだ』

 

「え?」

 

『お祖母さんが指名した全員が揃わないと、公開されないことになっていて』

 

「そんな……

 

私は、いつものようにダイニングからこちらを見ている悠久を見た。

 

彼は、困り顔の私を見て、どうしたのかと伺っている。

 

『楽。 悠久がダイニングから移動し、私の隣に腰を下ろす。

 

私は小さく頷いた。

 

「おばあちゃんの遺言は、亡くなった後のおばあちゃんの誕生日に公開されることになっているの。三回に分けて。その最後の公開が来週なんだけど、私も立会い人に名前が挙がっているらしくて」

 

……それは、楽にも財産が遺されているってこと?」

 

「わからない。修平さんの妻としてかもしれないけど、これまでの二回とも私は指名されていなかったし……

 

ただ、聞いたところでは、これまでの二回で公開された遺言は、会社絡みのものだった。社内での役職だったり、株の分配だったり。

 

それらは、たとえ私と修平さんが離婚していなくても、私にはおよそ関係のないこと。

 

けれど、今回は違う。

 

おばあちゃんとの思い出の家が誰の手に渡されるのかが明らかになるはず。

 

修平さんは、おばあちゃんが亡くなる前から、いずれあの家で暮らしたいと言っていた。

 

古い家ではあるけれど、手入れはされているし、必要に応じてリフォームもされているから、設備は最新だ。

 

それに、広い日本庭園がある。

 

修平さんは庭の眺めを気に入っていた。

 

「行きたい?」

 

膝の上で組んだ私の手に、悠久の手が重なる。

 

私は首を回して彼を見た。

 

悠久の表情からは、私に行って欲しくないとか、行ってもいいんじゃないかとか、そういう感情は読み取れない。

 

だから、私は悠久の望む答えではなく、自分の想いを口にするしかなかった。

 

「わからない」

 

「わからない?」

 

ゆっくりと頷く。

 

「行きたいか行きたくないか、と聞かれれば行きたくない。修平さんのご両親と会うのは気まずいし、東京に行って萌花やお父さんに見つかったらと思うと怖い」

 

……だけど?」と、私の迷いを汲み取るように、悠久が先を促した。

 

「だけど、おばあちゃんが私を指名した理由は知りたい。ただ、財産分与の為だけじゃない気がするから。私が行かないと、おばあちゃんの家は誰にも相続されないままだし、あの家を欲しがっている修平さんに申し訳ないから」

 

「家?」

 

「うん」と、私は大きく頷いた。

 

「修平さんにとってのおばあちゃんの家は、悠久にとっての間宮の家と同じなの。修平さんの思い出の場所で、安らげる場所。だから、あの家はきっと修平さんに遺されていると思うから、早く相続して、またあの家で暮らせるようにしてあげたい」

 

「そっか」

 

悠久はそう言って微笑むと、私の身体を抱き寄せた。

 

私は、そうされると当然のように、彼の肩に顔を摺り寄せ、ほうっと安堵の息を吐く。

 

「東京に行こうか」

 

悠久ならそう言ってくれるような気はしていた。けれど、いざそう言われると、考えるより先に気持ちが零れた。

 

……だめ」

 

「え?」

 

「悠久は、だめ」

 

ふっと悠久の弾む吐息が耳をくすぐる。

 

「なんで?」

 

「見つかって連れ戻されたらどうするの?」

 

「それは楽も同じだろ?」

「私は――

 

――修平さんが守ってくれる?」

 

……

 

そう言おうと思ったわけではないけれど、気持ちのどこかにそんな考えがあったのだと思う。

 

見透かされたようで、私は口ごもった。

 

「他の男に守られてんなよ」

 

彼の指に顎をすくわれ、上を向くと唇が塞がれた。

 

軽く触れて、離れて、また触れた。

 

「一人で他の男に会いに行かせるわけ、ないだろ」

 

腰と後頭部を引き寄せられ、息もつけないほど深いキスを受け入れる。彼の首に腕を回すと、そのままソファに押し倒された。

 

「逃げて隠れてるだけじゃ何も変わらないことはわかってるんだ」

 

唇同士の僅かな隙間から、悠久は呟いた。

 

「このままじゃダメなことは、わかってるんだ」

 

眉根を寄せてそう吐き出す彼の唇を食む。

 

下唇を咥えて軽く吸うと、私の太腿に彼の興奮を感じた。

 

「一緒に行こう。そして、一緒に帰って来よう」

 

膝を立て、彼の興奮に触れ、膝頭で擦るように揺らす。

 

「楽?」

 

「なに?」

 

……いや――っ!」

 

上半身を起こして自ら彼に口づけながら、手を伸ばした。スウェットを押し上げる彼の熱は、触れると更にその存在感を強調した。

 

持ち上げるように下から彼の形に指を這わせ、ゆっくりとなぞる。

 

悠久が呼吸を忘れたのがわかった。

 

「ら……くっ」

 

いつも求められるばかりで、彼の愛撫に翻弄され、喘がされるだけ。

 

私も求めていると、知って欲しかった。

 

 

与えられる快感を、彼にも与えたい。

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -2px; top: -25px;"></div>

2021/7/18

Jul
18

今更だと

今更だと、呆れられるかもしれない。

 

勿体つけていると、嫌われるかもしれない。

 

それでも、迷いがあるまま抱かれるのは嫌だった。

 

「ごめんなさい……

 

そもそも、こんなことになるとは思っていなかった。

 

綺麗ごとでもなんでもなく、本当に、自分が『早坂楽』だと明かす気もなかったし、純粋に、悠久くんの助けになりたいと思った。

 

私のことなんてとうに忘れていると思っていたし。

 

だから、彼の口から私の名前が出た時、本当に驚いたし嬉しかった。嬉しすぎて、あの頃の続きを受け入れてしまった。

 

けれど、あの頃とは違う。

 

私も、悠久くんも。

 

義妹の夫である悠久くんと身体を繋げることは、ただの不倫とは違う。

 

どう転んでも、待っているのは地獄だ。

 

私は、いい。

 

どこででも、どうにでも生きていける。

 

が、悠久くんを道連れには出来ない。

 

悠久くんのお母さんが彼のためにと遺した人生だ。

 

私が奪うわけにはいかない。

 

「楽は……俺が好き?」

 

私は頷くだけで精いっぱいだった。

 

「だけど――

 

――不倫は、良くないよな」

 

寂しそうに言うと、悠久くんが乱れた私のパジャマを直し、微笑んだ。

 

「萌花と別れるよ」

 

「え……?」

 

フッと彼が笑う。

 

「そんなに驚くこと? 前にも言ったじゃん。間宮悠久に戻ったら、恋人になって欲しいって」

 

確かに、言われた。

 

私が早坂楽だと知れる前に。

 

「気持ちは変わらないよ。俺は――

 

悠久くんが私の頬に触れた。

 

――楽と一緒に生きたい」

 

彼の顔がゆっくりと近づく。

 

私は、目を閉じた。

 

不倫が嫌だなんてどの口が言ったことか。

 

唇が重なり、涙が零れた。

 

幸せだと、思った。

 

 

 

私も悠久くんと一緒に生きたい――

 

 

 

心からそう思った。

 

 

 

萌花と別れると言った悠久くんは、その日から私に触れなくなった。

 

抱き寄せてはくれる。が、それ以上はなくなった。

 

けじめ、なのだと思う。

 

悠久くんは昼間でも部屋にこもることが多くなった。離婚に向けて色々と準備をしているそう。

 

詳細は私に聞かせたくないと言っていたので、聞いていない。

 

「離婚……か」

 

私は一人、呟いた。

 

悠久くんの部屋からは、かれこれ一時間以上話し声が聞こえている。内容までは聞こえないが、弁護士さんと話しているらしい。

 

 

 

離婚、して欲しいのかな……

 

 

 

この家に来てからの目まぐるしい変化に、私は取り残されていた。

 

悠久くんの言葉を素直に受け取れば、彼は萌花と別れて私との結婚を考えている。

 

それは、結婚を望むほど愛されるのは、嬉しい。

 

けれど、現実問題として、出来るのか。

 

萌花のことだけじゃない。

 

問題は私にもあるのだから。

 

 

 

こんな身体を見たら――

 

 

 

悠久くんはまだ、私の身体中に残る傷跡を見たことはない。

 

私に触れる時は布団に潜っていたから、見えていないはず。

 

 

 

見たら、抱く気になんてならないはず……

 

 

 

ミミズが這うような傷がいくつもある。

 

内臓が傷つかなかったのは奇跡だと、医師には言われた。

 

 

 

お母さんが庇ってくれたから……

 

 

 

私は自分の身体を抱き締めた。

 

 

 

この身体を見たら、離婚を考え直すかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていたら、テーブルの上のスマホが震えた。

 

修平さんからだった。

 

彼は両親にも告げずに一人で暮らす私を心配し、時々連絡をくれている。

 

これまでの私は、メッセージに返事をしても、電話には出なかった。

 

彼の新たな生活は始まっているから。

 

なのに、こうして、まずは電話をくれる。それから、メッセージ。

 

気まぐれに、電話を取る気になった。

 

ダイニングの椅子から立ち上がり、リビングを出て、〈応答〉をタップした。

 

「もしもし」

 

『楽?』

 

一年振りに聞く、修平さんの声。

 

「お……お久し振りです……

 

『久し振り。元気かい?』

 

「はい。修平さんは……お元気ですか?」

 

『ああ……。変わりないよ』

 

懐かしい、彼の言葉。

 

変わりない、は修平さんの口癖のようなものだ。

 

「おばあさまの三回忌は、滞りなく終えられましたか?」

 

『そんな風に呼んでは、お祖母さんが悲しむよ? きみに『おばあちゃん』と呼ばれることを、とても喜んでいたからね』

 

おばあちゃんを思い出すと、胸が痛む。鼻の奥がツンとして、涙が込み上げてくる。

 

『楽、困ったことがあったら言ってくれ。俺は……いつもきみの幸せを願っているよ』

 

「幸せ……?」

 

『ああ。きみを幸せに出来なかった俺が言うのはおこがましいが、幸せにしたいと思っていたし、幸せになって欲しいと思っている。きみはもっと貪欲に自分の幸せを望んでいいんだよ』

 

 

ひと言、ふた言交わし、電話を切った。間際に遠くで子供の声が聞こえ、

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -37px; top: 17px;"></div>

2021/7/18

Jul
18

今更だと

今更だと、呆れられるかもしれない。

 

勿体つけていると、嫌われるかもしれない。

 

それでも、迷いがあるまま抱かれるのは嫌だった。

 

「ごめんなさい……

 

そもそも、こんなことになるとは思っていなかった。

 

綺麗ごとでもなんでもなく、本当に、自分が『早坂楽』だと明かす気もなかったし、純粋に、悠久くんの助けになりたいと思った。

 

私のことなんてとうに忘れていると思っていたし。

 

だから、彼の口から私の名前が出た時、本当に驚いたし嬉しかった。嬉しすぎて、あの頃の続きを受け入れてしまった。

 

けれど、あの頃とは違う。

 

私も、悠久くんも。

 

義妹の夫である悠久くんと身体を繋げることは、ただの不倫とは違う。

 

どう転んでも、待っているのは地獄だ。

 

私は、いい。

 

どこででも、どうにでも生きていける。

 

が、悠久くんを道連れには出来ない。

 

悠久くんのお母さんが彼のためにと遺した人生だ。

 

私が奪うわけにはいかない。

 

「楽は……俺が好き?」

 

私は頷くだけで精いっぱいだった。

 

「だけど――

 

――不倫は、良くないよな」

 

寂しそうに言うと、悠久くんが乱れた私のパジャマを直し、微笑んだ。

 

「萌花と別れるよ」

 

「え……?」

 

フッと彼が笑う。

 

「そんなに驚くこと? 前にも言ったじゃん。間宮悠久に戻ったら、恋人になって欲しいって」

 

確かに、言われた。

 

私が早坂楽だと知れる前に。

 

「気持ちは変わらないよ。俺は――

 

悠久くんが私の頬に触れた。

 

――楽と一緒に生きたい」

 

彼の顔がゆっくりと近づく。

 

私は、目を閉じた。

 

不倫が嫌だなんてどの口が言ったことか。

 

唇が重なり、涙が零れた。

 

幸せだと、思った。

 

 

 

私も悠久くんと一緒に生きたい――

 

 

 

心からそう思った。

 

 

 

萌花と別れると言った悠久くんは、その日から私に触れなくなった。

 

抱き寄せてはくれる。が、それ以上はなくなった。

 

けじめ、なのだと思う。

 

悠久くんは昼間でも部屋にこもることが多くなった。離婚に向けて色々と準備をしているそう。

 

詳細は私に聞かせたくないと言っていたので、聞いていない。

 

「離婚……か」

 

私は一人、呟いた。

 

悠久くんの部屋からは、かれこれ一時間以上話し声が聞こえている。内容までは聞こえないが、弁護士さんと話しているらしい。

 

 

 

離婚、して欲しいのかな……

 

 

 

この家に来てからの目まぐるしい変化に、私は取り残されていた。

 

悠久くんの言葉を素直に受け取れば、彼は萌花と別れて私との結婚を考えている。

 

それは、結婚を望むほど愛されるのは、嬉しい。

 

けれど、現実問題として、出来るのか。

 

萌花のことだけじゃない。

 

問題は私にもあるのだから。

 

 

 

こんな身体を見たら――

 

 

 

悠久くんはまだ、私の身体中に残る傷跡を見たことはない。

 

私に触れる時は布団に潜っていたから、見えていないはず。

 

 

 

見たら、抱く気になんてならないはず……

 

 

 

ミミズが這うような傷がいくつもある。

 

内臓が傷つかなかったのは奇跡だと、医師には言われた。

 

 

 

お母さんが庇ってくれたから……

 

 

 

私は自分の身体を抱き締めた。

 

 

 

この身体を見たら、離婚を考え直すかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていたら、テーブルの上のスマホが震えた。

 

修平さんからだった。

 

彼は両親にも告げずに一人で暮らす私を心配し、時々連絡をくれている。

 

これまでの私は、メッセージに返事をしても、電話には出なかった。

 

彼の新たな生活は始まっているから。

 

なのに、こうして、まずは電話をくれる。それから、メッセージ。

 

気まぐれに、電話を取る気になった。

 

ダイニングの椅子から立ち上がり、リビングを出て、〈応答〉をタップした。

 

「もしもし」

 

『楽?』

 

一年振りに聞く、修平さんの声。

 

「お……お久し振りです……

 

『久し振り。元気かい?』

 

「はい。修平さんは……お元気ですか?」

 

『ああ……。変わりないよ』

 

懐かしい、彼の言葉。

 

変わりない、は修平さんの口癖のようなものだ。

 

「おばあさまの三回忌は、滞りなく終えられましたか?」

 

『そんな風に呼んでは、お祖母さんが悲しむよ? きみに『おばあちゃん』と呼ばれることを、とても喜んでいたからね』

 

おばあちゃんを思い出すと、胸が痛む。鼻の奥がツンとして、涙が込み上げてくる。

 

『楽、困ったことがあったら言ってくれ。俺は……いつもきみの幸せを願っているよ』

 

「幸せ……?」

 

『ああ。きみを幸せに出来なかった俺が言うのはおこがましいが、幸せにしたいと思っていたし、幸せになって欲しいと思っている。きみはもっと貪欲に自分の幸せを望んでいいんだよ』

 

 

ひと言、ふた言交わし、電話を切った。間際に遠くで子供の声が聞こえ、

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -37px; top: 17px;"></div>

2020/6/30

Jun
30

結婚式の美容のヒント

 

<div class="translate-tooltip-mtz hidden"> <div class="header"> <div class="header-controls"> </div> <div class="translate-icons">花嫁は確かに彼女の大切な日に美しいことを望んでいます。これは彼女の瞬間であり、彼女は確かに輝き、そしてこれまでで最も美しい花嫁になりたいと思っています。したがって、肌を甘やかすことは、美しさを高める1つの方法です。ここでは、あなたの大切な日にあなたをより魅力的にするのに役立ついくつかの結婚式前の美容のヒントを紹介します。 ネイルケアをして、債券投資 マニキュアとペディキュアで爪を美しく見せましょう。明るい色はあなたの白いウェディングドレスに合わせるのに最適です。 皮膚科医を訪ね、リラックスして、皮膚科医があなたの肌を甘やかして、輝く健康的な顔色にしてください。フェイシャルマッサージやスチームフェイシャルは素晴らしいと思います。緊張をほぐし、顔のスキンケアの問題を治療します。 バックフェイシャルも重要です。ほとんどのブライダルガウンは背中と肩を露出させるため、この領域でも治療を受ける必要があります。ほとんどのサロンには、クレンジング、トーニング、角質除去などのサービスがあります。 自分のホームフェイシャルスパを購入し、余暇に自宅で使用するのは素晴らしいことです。今後のイベントによってもたらされる緊張とストレスの一部を解放するのに役立ちます。あなたの大切な日が来る前にあなたが一日をリラックスしていることが重要です。たくさんの休息をとって、来たる出来事についてはできるだけ考えないでください。ちょうどその日を楽しみ、あなたが持っているすべてのそれらの美容療法で自分を甘やかしてください。姫のような気分に。これは一生に一度しか経験しません。 美しさは外側だけではなく、何よりも内側にあります。喜びに満ちた幸せな心があなたの顔とそれが人に真の美しさをもたらすことを放射します。あなたの大切な日があなたの大切な人との新しい人生の始まりなので、幸せで自信を持ってください。</div> </div> </div>

2020/5/11

May
11

が皆の前に紙を広げる

が皆の前に紙を広げる。

 

「荒川の東に位置するここから

我ら高島軍は鶴翼の陣形で西へ向かいます。

 

投石隊、弓隊、槍隊、騎馬隊の4層構造で」

 

「うむ」

 

「各隊を取りまとめる隊長ですが、予定通り

投石隊は壬三郎殿。

弓隊は信春様。

槍隊は信康様。

そして騎馬隊はーー」

 

格兵衛が信継をじっと見つめる。

 

「信継様に」

 

信継が腕を組んで頷いた。

 

「それが良い。

信春は強弓の名手だし、信康は槍の名手だ。

信継に至ってはすでに天下に名が轟く剣の名手。

フハハ…我が高島は強いな」

 

殿の信八が満足そうに頷く。

 

格兵衛は冷静に頭を下げると、信八を見つめた。

 

「北、南の山には同盟国の別動隊が控えています。

予定通りいけば、3方向から合計3万の兵で沖田軍を包囲できますがーー…」

 

含みのある言い方に、信継が反応した。

 

「なんだ?

格兵衛…何が気になっておる?」

 

格兵衛は息をほんの少し吐くと、頭を下げた。

 

「沖田軍の動きが遅れています。注視していますが…。

それからーー」

 

その場の皆が、格兵衛を凝視した。

 

「明日は雨になります」

 

 

ーーーーー

 

 

信継は陣幕から出ると、荒川と空を見つめた。

冬の寒空とはいえ、一見、天気は良いように見える。

山の上の風が強く、はるか上空の雲の流れが異様に早かった。

湿気を伴った空気が、頬に触れる。

 

「やはり…雨、か」

 

雨が降れば、山からの増水で荒川はたやすく氾濫するだろう。

ここ一帯が手付かずの荒野なのは、治水が出来ていないからなのだ。

治水さえできれば、きっと開ける。

 

雨で容易に深くなり、流れも速くなる川。

ーー川の周辺の地面も沼のようにぬかるんで足を取られる。

 

「沖田は…雨を待っているのか?」

 

そこに何の策があるのかはわからない。

 

沖田の動向を探るため、潜入していた牙蔵はまだ本隊に戻っていない。

 

ビョオオオオー…

 

遠くの山が鳴る。強い風が吹き、信継の髪の束が真横に煽られる。

その時、信継の髪を結っていた髪紐がブツッと切れた。

長い髪がバラバラになり、風に煽られ視界を塞ぐ。

 

「…っ」

 

信継は陣幕の中に入った。

 

ーー不吉な…

 

他の者に気づかれないうちに髪をきつく結び直す。

 

ーーいや。

沖田軍にやられるような高島ではない。

 

信継の脳裏に可憐な詩の姿が浮かぶ。

 

ーー母上とともに…待っているあの娘…

 

夢みたいに…いつか、我が妻に…

 

カッと信継の頬が染まった。

 

ーー大人しく待っていろ。桜。

この戦から戻ったら…仁丸とも、桜とも話そう。

 

どうしてこんなに惹かれるのか…

前世からの約束でもあったのか…

 

ふ…と信継の口元が微笑みの形になる。

 

次の瞬間、キリっと目を見開いた。

 

「この戦…勝つ」

 

その瞳には、揺るがぬ決意の火がともっていた。ーーーーー

 

「きゃあっ!?」

「あ…

に…西の方様っ!?」

 

沖田城の廊下。

地下牢を飛び出し龍虎の部屋に向かい急ぎ走る美和の鬼気迫る姿に、ぎょっとして立ち止まる侍女。

 

構わず走り、駆けていく美和に戸惑う。

 

「…西の方様は…夕べ…地下牢に幽閉…されていましたよね」

「…っ…すぐ、ご報告を…!」

 

あっと言う間に見えなくなった美和の去った方向を見ていた侍女たちも慌て始める。

 

美和はキリっと顔を引き締め、龍虎の部屋に向かっていた。

 

ーーあの男…『叉羽』ではない、あの男…

 

見惚れるような所作。優しい手。強引なカラダ遣い。

あの、隙のない視線と佇まいーー

 

夜を共にした、その記憶に一瞬訪れる切なさーーそれに嫌悪し、美和はギリギリと唇を噛んだ。

屈辱に、血が滲む。

 

ーーあの夜だって、あの男は最後までは…っ…

 

最後まではしなかった…

 

私の中に子種を…出すことはなかったのだ…っ

 

ーー『俺、女は嫌いなんだよ』

『俺も、命令で動いているからね』

 

ばっ…馬鹿にして…!

 

ーーいや…馬鹿なのは私だ…!

馬鹿だった…少なくとも…龍虎様は愛してくれたのに…

 

『美和…可愛いな』

『美和…俺の子を産め』

 

抱きしめられた男らしい腕。

血の気が多く、乱暴なところも多かったけれど、私だけを求めた逞しく温かい腕ーー

ツウッと涙がこぼれる。

 

ーー私は何ということを…

 

今は…龍虎様にお伝えしなければ…

 

今夜出立とあって、戦の準備で忙しいのだろう、龍虎の部屋までの廊下には人はいなかった。

 

龍虎の部屋まであともう少し…美和は廊下の角を曲がった。

 

「…っ」

 

「…西の方様…

 

いや、美和」

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -12px; top: -20px;"></div>