プロフィール

tengan

登録 2020年6月27日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 7月 次月
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月間アーカイブ

2021年7月

2020年6月

2021/7/18

Jul
18

今更だと

今更だと、呆れられるかもしれない。

 

勿体つけていると、嫌われるかもしれない。

 

それでも、迷いがあるまま抱かれるのは嫌だった。

 

「ごめんなさい……

 

そもそも、こんなことになるとは思っていなかった。

 

綺麗ごとでもなんでもなく、本当に、自分が『早坂楽』だと明かす気もなかったし、純粋に、悠久くんの助けになりたいと思った。

 

私のことなんてとうに忘れていると思っていたし。

 

だから、彼の口から私の名前が出た時、本当に驚いたし嬉しかった。嬉しすぎて、あの頃の続きを受け入れてしまった。

 

けれど、あの頃とは違う。

 

私も、悠久くんも。

 

義妹の夫である悠久くんと身体を繋げることは、ただの不倫とは違う。

 

どう転んでも、待っているのは地獄だ。

 

私は、いい。

 

どこででも、どうにでも生きていける。

 

が、悠久くんを道連れには出来ない。

 

悠久くんのお母さんが彼のためにと遺した人生だ。

 

私が奪うわけにはいかない。

 

「楽は……俺が好き?」

 

私は頷くだけで精いっぱいだった。

 

「だけど――

 

――不倫は、良くないよな」

 

寂しそうに言うと、悠久くんが乱れた私のパジャマを直し、微笑んだ。

 

「萌花と別れるよ」

 

「え……?」

 

フッと彼が笑う。

 

「そんなに驚くこと? 前にも言ったじゃん。間宮悠久に戻ったら、恋人になって欲しいって」

 

確かに、言われた。

 

私が早坂楽だと知れる前に。

 

「気持ちは変わらないよ。俺は――

 

悠久くんが私の頬に触れた。

 

――楽と一緒に生きたい」

 

彼の顔がゆっくりと近づく。

 

私は、目を閉じた。

 

不倫が嫌だなんてどの口が言ったことか。

 

唇が重なり、涙が零れた。

 

幸せだと、思った。

 

 

 

私も悠久くんと一緒に生きたい――

 

 

 

心からそう思った。

 

 

 

萌花と別れると言った悠久くんは、その日から私に触れなくなった。

 

抱き寄せてはくれる。が、それ以上はなくなった。

 

けじめ、なのだと思う。

 

悠久くんは昼間でも部屋にこもることが多くなった。離婚に向けて色々と準備をしているそう。

 

詳細は私に聞かせたくないと言っていたので、聞いていない。

 

「離婚……か」

 

私は一人、呟いた。

 

悠久くんの部屋からは、かれこれ一時間以上話し声が聞こえている。内容までは聞こえないが、弁護士さんと話しているらしい。

 

 

 

離婚、して欲しいのかな……

 

 

 

この家に来てからの目まぐるしい変化に、私は取り残されていた。

 

悠久くんの言葉を素直に受け取れば、彼は萌花と別れて私との結婚を考えている。

 

それは、結婚を望むほど愛されるのは、嬉しい。

 

けれど、現実問題として、出来るのか。

 

萌花のことだけじゃない。

 

問題は私にもあるのだから。

 

 

 

こんな身体を見たら――

 

 

 

悠久くんはまだ、私の身体中に残る傷跡を見たことはない。

 

私に触れる時は布団に潜っていたから、見えていないはず。

 

 

 

見たら、抱く気になんてならないはず……

 

 

 

ミミズが這うような傷がいくつもある。

 

内臓が傷つかなかったのは奇跡だと、医師には言われた。

 

 

 

お母さんが庇ってくれたから……

 

 

 

私は自分の身体を抱き締めた。

 

 

 

この身体を見たら、離婚を考え直すかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていたら、テーブルの上のスマホが震えた。

 

修平さんからだった。

 

彼は両親にも告げずに一人で暮らす私を心配し、時々連絡をくれている。

 

これまでの私は、メッセージに返事をしても、電話には出なかった。

 

彼の新たな生活は始まっているから。

 

なのに、こうして、まずは電話をくれる。それから、メッセージ。

 

気まぐれに、電話を取る気になった。

 

ダイニングの椅子から立ち上がり、リビングを出て、〈応答〉をタップした。

 

「もしもし」

 

『楽?』

 

一年振りに聞く、修平さんの声。

 

「お……お久し振りです……

 

『久し振り。元気かい?』

 

「はい。修平さんは……お元気ですか?」

 

『ああ……。変わりないよ』

 

懐かしい、彼の言葉。

 

変わりない、は修平さんの口癖のようなものだ。

 

「おばあさまの三回忌は、滞りなく終えられましたか?」

 

『そんな風に呼んでは、お祖母さんが悲しむよ? きみに『おばあちゃん』と呼ばれることを、とても喜んでいたからね』

 

おばあちゃんを思い出すと、胸が痛む。鼻の奥がツンとして、涙が込み上げてくる。

 

『楽、困ったことがあったら言ってくれ。俺は……いつもきみの幸せを願っているよ』

 

「幸せ……?」

 

『ああ。きみを幸せに出来なかった俺が言うのはおこがましいが、幸せにしたいと思っていたし、幸せになって欲しいと思っている。きみはもっと貪欲に自分の幸せを望んでいいんだよ』

 

 

ひと言、ふた言交わし、電話を切った。間際に遠くで子供の声が聞こえ、

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -37px; top: 17px;"></div>

2021/7/18

Jul
18

今更だと

今更だと、呆れられるかもしれない。

 

勿体つけていると、嫌われるかもしれない。

 

それでも、迷いがあるまま抱かれるのは嫌だった。

 

「ごめんなさい……

 

そもそも、こんなことになるとは思っていなかった。

 

綺麗ごとでもなんでもなく、本当に、自分が『早坂楽』だと明かす気もなかったし、純粋に、悠久くんの助けになりたいと思った。

 

私のことなんてとうに忘れていると思っていたし。

 

だから、彼の口から私の名前が出た時、本当に驚いたし嬉しかった。嬉しすぎて、あの頃の続きを受け入れてしまった。

 

けれど、あの頃とは違う。

 

私も、悠久くんも。

 

義妹の夫である悠久くんと身体を繋げることは、ただの不倫とは違う。

 

どう転んでも、待っているのは地獄だ。

 

私は、いい。

 

どこででも、どうにでも生きていける。

 

が、悠久くんを道連れには出来ない。

 

悠久くんのお母さんが彼のためにと遺した人生だ。

 

私が奪うわけにはいかない。

 

「楽は……俺が好き?」

 

私は頷くだけで精いっぱいだった。

 

「だけど――

 

――不倫は、良くないよな」

 

寂しそうに言うと、悠久くんが乱れた私のパジャマを直し、微笑んだ。

 

「萌花と別れるよ」

 

「え……?」

 

フッと彼が笑う。

 

「そんなに驚くこと? 前にも言ったじゃん。間宮悠久に戻ったら、恋人になって欲しいって」

 

確かに、言われた。

 

私が早坂楽だと知れる前に。

 

「気持ちは変わらないよ。俺は――

 

悠久くんが私の頬に触れた。

 

――楽と一緒に生きたい」

 

彼の顔がゆっくりと近づく。

 

私は、目を閉じた。

 

不倫が嫌だなんてどの口が言ったことか。

 

唇が重なり、涙が零れた。

 

幸せだと、思った。

 

 

 

私も悠久くんと一緒に生きたい――

 

 

 

心からそう思った。

 

 

 

萌花と別れると言った悠久くんは、その日から私に触れなくなった。

 

抱き寄せてはくれる。が、それ以上はなくなった。

 

けじめ、なのだと思う。

 

悠久くんは昼間でも部屋にこもることが多くなった。離婚に向けて色々と準備をしているそう。

 

詳細は私に聞かせたくないと言っていたので、聞いていない。

 

「離婚……か」

 

私は一人、呟いた。

 

悠久くんの部屋からは、かれこれ一時間以上話し声が聞こえている。内容までは聞こえないが、弁護士さんと話しているらしい。

 

 

 

離婚、して欲しいのかな……

 

 

 

この家に来てからの目まぐるしい変化に、私は取り残されていた。

 

悠久くんの言葉を素直に受け取れば、彼は萌花と別れて私との結婚を考えている。

 

それは、結婚を望むほど愛されるのは、嬉しい。

 

けれど、現実問題として、出来るのか。

 

萌花のことだけじゃない。

 

問題は私にもあるのだから。

 

 

 

こんな身体を見たら――

 

 

 

悠久くんはまだ、私の身体中に残る傷跡を見たことはない。

 

私に触れる時は布団に潜っていたから、見えていないはず。

 

 

 

見たら、抱く気になんてならないはず……

 

 

 

ミミズが這うような傷がいくつもある。

 

内臓が傷つかなかったのは奇跡だと、医師には言われた。

 

 

 

お母さんが庇ってくれたから……

 

 

 

私は自分の身体を抱き締めた。

 

 

 

この身体を見たら、離婚を考え直すかもしれない。

 

 

 

そんなことを考えていたら、テーブルの上のスマホが震えた。

 

修平さんからだった。

 

彼は両親にも告げずに一人で暮らす私を心配し、時々連絡をくれている。

 

これまでの私は、メッセージに返事をしても、電話には出なかった。

 

彼の新たな生活は始まっているから。

 

なのに、こうして、まずは電話をくれる。それから、メッセージ。

 

気まぐれに、電話を取る気になった。

 

ダイニングの椅子から立ち上がり、リビングを出て、〈応答〉をタップした。

 

「もしもし」

 

『楽?』

 

一年振りに聞く、修平さんの声。

 

「お……お久し振りです……

 

『久し振り。元気かい?』

 

「はい。修平さんは……お元気ですか?」

 

『ああ……。変わりないよ』

 

懐かしい、彼の言葉。

 

変わりない、は修平さんの口癖のようなものだ。

 

「おばあさまの三回忌は、滞りなく終えられましたか?」

 

『そんな風に呼んでは、お祖母さんが悲しむよ? きみに『おばあちゃん』と呼ばれることを、とても喜んでいたからね』

 

おばあちゃんを思い出すと、胸が痛む。鼻の奥がツンとして、涙が込み上げてくる。

 

『楽、困ったことがあったら言ってくれ。俺は……いつもきみの幸せを願っているよ』

 

「幸せ……?」

 

『ああ。きみを幸せに出来なかった俺が言うのはおこがましいが、幸せにしたいと思っていたし、幸せになって欲しいと思っている。きみはもっと貪欲に自分の幸せを望んでいいんだよ』

 

 

ひと言、ふた言交わし、電話を切った。間際に遠くで子供の声が聞こえ、

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -37px; top: 17px;"></div>