プロフィール

tengan

登録 2020年6月27日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 11月  
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

月間アーカイブ

2021年7月

2020年6月

他ユーザー最新記事

野菜がお高い・・・ ひみつNo.36499

なにが もぐ

なにが もぐ

なにが もぐ

なにが もぐ

Test 2 ひみつNo.36464

test ひみつNo.36464

買い物依存症軽減 ひみつNo.36499

夏っていう散財季節イベント ひみつNo.36502

やる気がおきない。 ひみつNo.36503

財布を直撃 ひみつNo.36500

とうとう動き出します れっつ

おっはよう^^ ひみつNo.36499

新年早々ピンチ。その対処法は・・・ ひみつNo.36502

年末なので、抱負を。 ひみつNo.36503

ワンカラルームで、有線マイクの比較をしてみました 新しいテクノロジーの音

財布が寒い ひみつNo.36500

なんでも鬼滅な今日この頃 れっつ

2020/11/24 日録 もぐ

物欲センサー。 ひみつNo.36499

カテゴリー 未設定

2020/5/11

May
11

「は?…それは誠か、壬三郎?

「は?…それは誠か、壬三郎?」

 

「はっ…さようでございます。

 

信継様はやっと心を寄せるが見つかったと言われ、毎晩足しげく”離れ”に通っておられるようです…

 

昨日も、その女子と遠乗りをした先で敵襲にあったらしくーー

 

ご無事ですが、夕方からの嵐で…明日早朝まで一晩帰らないと牙蔵から報告が」

 

「さっぱりわからぬ…どういうことだ?長谷部」

 

「はっ…某にもさっぱり…

 

仁丸様は”寵姫”と毎晩お過ごしのはずですが…今晩は”寵姫”が外出しているようで…

 

…そんなことはあり得ないのですが…

 

”離れ”にいない”寵姫”に、ひどく心を痛めておられます。

 

何やら牙蔵が説明はしておったようですが…」

 

高島の殿、高島信八は首を傾げた。

 

”女嫌い”なのかとまで心配した嫡男の信継が、三鷹の侍女を所望したのが数日前。

それは喜ばしいことと、壬三郎を通じて、当然許可をした。

信継はあの晩、後宮に行ったと聞いている。

 

そして、同じ日。

元服してすぐの仁丸が、高島初の”寵姫”を得たと仁丸の教育係である長谷部から報告があった。

相手の女子は後宮の女子の中の1人だろうと思っていた。

 

今使われている中庭の”離れ”は一つ。

これは女中頭から報告を受けている。

 

それなのに、噂によると、最近足しげく、信継が”離れ”に通っているーー?

 

仁丸も当然、毎晩”離れ”で”寵姫”と過ごしている…。

 

仁丸の”寵姫”へーー仁丸の父として即日”離れ”に贈り物を届けさせた。

 

いつか会いたいと思っていた。

 

後宮の女子の顔は大体把握している。

全て、信八が謁見してから後宮に入らせるからだ。

 

可愛い仁丸が、どの女子を選んだのか、見てみたいと思っていた。

高島での初めての”寵姫”だ。

 

同じ日、信八自身も、やっと得た”三鷹の姫”の竹に溺れて、全てが後回しになっていたのだ。”同じ日”ーーー?

 

信八はハッと気づく。

 

ーー同じ女子、なのか…?

 

足しげく通う、信継と、仁丸。

1つしか使っていないという”離れ”

信継と女子が遠乗りに出てーー

今晩はいないという、仁丸の寵姫ーー

 

そう考えると、全てが符合する。

 

…間違いない。

どういうことかはわからないが、息子たちが、同じ女子を…好いたと言うのか…

 

高島家の息子2人を同時に手練手管にかけるとは…

 

そんなことをしそうな女子が後宮にいただろうか?

…それは、いかほどの女子なのかーー

 

ゴクンと殿の信八の喉が興味に鳴る。

 

「…壬三郎。

 

信継が戻ったら、女子を連れてワシの部屋に挨拶に来るように言え」

 

「はっ…承知しました」

 

「…会うのが楽しみだな」

 

ーーもし、同じ女子なら。

信八は思う。

当然、信継が優先だ。

あれは、何と言っても高島の嫡男で、適齢期だ。

あの、なかなか女子を気に入らない信継のこと。

これを逃すと次はいつになるかわからない。

 

…仁丸は可愛い息子だが、まだ若い。

いくらでも、次がある。

 

それにしてもーー信八のカラダが熱くなる。

 

同時期の女子のは、ここ、高島でも前代未聞だ。

 

自分が竹のカラダに溺れているうちに、面白いことになっていた。

 

信八は家臣を置いて、襖を開けて奥の間に入る。

 

そこには褥に横たわる竹がいた。

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -18px; top: -25px;"></div>

2020/5/11

May
11

あなたがあなたの結婚式の日に美しく見えるのを助けるための素晴らしいヒント

 

<div class="translate-tooltip-mtz hidden"> <div class="header"> <div class="header-controls">   </div> <div class="translate-icons"> <div class="translate-icons">あなたの結婚式の日が途中であるならば、あなたは美しく見えたいです。彼らはあなたの結婚式の日はあなたが今までで最も重要な日の1つであると言います、それであなたはあなたがあなたがあなたの最高に見えることを確認する必要があります。ここにあなたがあなたの特別な日にあなたができる限り美しくなるためのいくつかの方法があります。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">フェイシャルを行い、少なくとも週に一度は角質除去します。これにより、お肌の準備が早く始まります。角質除去すると、古い角質を取り除き、フェイシャルでお肌を深くきれいにします。フェイシャルマスクは肌を引き締めるのにも役立ち、肌をより新鮮で若く見せることができます。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">皮膚科医に行きます。専門の皮膚科医に相談して、交易平台 肌の見栄えを良くするためにすべきことがあるかどうかを確認してください。あなたは薬用クリームの処方箋を受け取るかもしれません。他の処方薬と同様に、指示どおりに使用するようにしてください。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">結婚式のためにあなたの化粧をする人と話してください。あなたのメイクアップアーティストはあなたがあなたの結婚式に至るまでの日にあなたの肌をどのようにケアすることができるかについてあなたにいくつかの指針を与えることができます、しかしそれ以上に、彼女はあなたの肌を落ち着かせそしてそれを見せるためのメイクのアイデアを持っているかもしれませんさらに明るい。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">日焼けを考えてみましょう。日焼けはあなたの肌を暖かく見せ、結婚式の日に濃い化粧をする必要をなくします。あなたの日焼けを専門的に行うためにいくつかのセッションを費やすことを考えてください。しみがなく、ガウンなどを汚さない均一な日焼けを確実にしたいという理由だけで、スプレー日焼けや自分で日焼けすることは避けたいと思うでしょう。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">ストレスを解消します。花嫁になる人にそれを言うのは意味がないかもしれませんが、それについて考えてください:あなたがストレスを感じているとき、それはあなたの肌が動き始めるときです。この間、ストレスを解消するためにできる限りのことをしてください。毎週、少なくとも1日は、結婚式の準備をしないでください。リラックスした方法で実際にアプローチできるように計画を整理してください。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">とにかく傷がつくかもしれないことを知ってください。時々、世界のすべての計画があなたが望むようにうまくいかないことがあります。あなたはあなたの結婚式の日ににきびで終わるかもしれません。重要なことは、それについて慌てないことです。それを落ち着かせるために手元にいくつかのにきび薬を持っています。あなたはいくつかの家庭薬を使うかもしれませんが、それを肩をすくめて一日を続けてみてください。</div> <div class="translate-icons"></div> <div class="translate-icons">特別な日のために肌を整えるのに役立つ上記のヒントを必ず使用してください。ただし、結婚式当日の様子を気にしすぎないようにしましょう。それは奇妙に聞こえるかもしれませんが、あなたが何をするにしても、あなたはとても幸せなのであなたは美しく見えるでしょう。それの残りはおいしいサンデーの上にちょうど熱いファッジです。</div> </div> </div> <div class="translated-text"></div> </div>

 

 

2020/5/11

May
11

あなたがあなたの結婚式の日に美しく見えるのを助けるための素晴らしいヒント

 

<div class="translate-tooltip-mtz hidden"> <div class="header"> <div class="header-controls">   </div> <div class="translate-icons">   </div> </div> </div> <div class="translate-tooltip-mtz hidden"> <div class="header"> <div class="translate-icons">あなたの結婚式の日が途中であるならば、あなたは美しく見えたいです。彼らはあなたの結婚式の日はあなたが今までで最も重要な日の1つであると言います、それであなたはあなたがあなたがあなたの最高に見えることを確認する必要があります。ここにあなたがあなたの特別な日にあなたができる限り美しくなるためのいくつかの方法があります。</div> </div> </div> <div class="translate-tooltip-mtz hidden"> <div class="header"> <div class="translate-icons"> <div class="translate-icons">フェイシャルを行い、少なくとも週に一度は角質除去します。これにより、お肌の準備が早く始まります。角質除去すると、古い角質を取り除き、フェイシャルでお肌を深くきれいにします。フェイシャルマスクは肌を引き締めるのにも役立ち、肌をより新鮮で若く見せることができます。</div> <div class="translate-icons">皮膚科医に行きます。専門の皮膚科医に相談して、交易平台 肌の見栄えを良くするためにすべきことがあるかどうかを確認してください。あなたは薬用クリームの処方箋を受け取るかもしれません。他の処方薬と同様に、指示どおりに使用するようにしてください。</div> <div class="translate-icons">結婚式のためにあなたの化粧をする人と話してください。あなたのメイクアップアーティストはあなたがあなたの結婚式に至るまでの日にあなたの肌をどのようにケアすることができるかについてあなたにいくつかの指針を与えることができます、しかしそれ以上に、彼女はあなたの肌を落ち着かせそしてそれを見せるためのメイクのアイデアを持っているかもしれませんさらに明るい。</div> <div class="translate-icons">日焼けを考えてみましょう。日焼けはあなたの肌を暖かく見せ、結婚式の日に濃い化粧をする必要をなくします。あなたの日焼けを専門的に行うためにいくつかのセッションを費やすことを考えてください。しみがなく、ガウンなどを汚さない均一な日焼けを確実にしたいという理由だけで、スプレー日焼けや自分で日焼けすることは避けたいと思うでしょう。</div> <div class="translate-icons">ストレスを解消します。花嫁になる人にそれを言うのは意味がないかもしれませんが、それについて考えてください:あなたがストレスを感じているとき、それはあなたの肌が動き始めるときです。この間、ストレスを解消するためにできる限りのことをしてください。毎週、少なくとも1日は、結婚式の準備をしないでください。リラックスした方法で実際にアプローチできるように計画を整理してください。</div> <div class="translate-icons">とにかく傷がつくかもしれないことを知ってください。時々、世界のすべての計画があなたが望むようにうまくいかないことがあります。あなたはあなたの結婚式の日ににきびで終わるかもしれません。重要なことは、それについて慌てないことです。それを落ち着かせるために手元にいくつかのにきび薬を持っています。あなたはいくつかの家庭薬を使うかもしれませんが、それを肩をすくめて一日を続けてみてください。</div> <div class="translate-icons">特別な日のために肌を整えるのに役立つ上記のヒントを必ず使用してください。ただし、結婚式当日の様子を気にしすぎないようにしましょう。それは奇妙に聞こえるかもしれませんが、あなたが何をするにしても、あなたはとても幸せなのであなたは美しく見えるでしょう。それの残りはおいしいサンデーの上にちょうど熱いファッジです。</div> </div> </div> </div>

 

2018/4/25

Apr
25

 修平さんとの関

修平さんとの関係を誤解はされたくないけれど、ヤキモチを妬いて貰えるのはくすぐったくて嬉しかった。

 

次に修平さんから電話がきたのは、二日後だった。

 

『お祖母さんの最後の遺言の公開立会いに、楽の名前が挙がってるんだ』

 

「え?」

 

『お祖母さんが指名した全員が揃わないと、公開されないことになっていて』

 

「そんな……

 

私は、いつものようにダイニングからこちらを見ている悠久を見た。

 

彼は、困り顔の私を見て、どうしたのかと伺っている。

 

『楽。 悠久がダイニングから移動し、私の隣に腰を下ろす。

 

私は小さく頷いた。

 

「おばあちゃんの遺言は、亡くなった後のおばあちゃんの誕生日に公開されることになっているの。三回に分けて。その最後の公開が来週なんだけど、私も立会い人に名前が挙がっているらしくて」

 

……それは、楽にも財産が遺されているってこと?」

 

「わからない。修平さんの妻としてかもしれないけど、これまでの二回とも私は指名されていなかったし……

 

ただ、聞いたところでは、これまでの二回で公開された遺言は、会社絡みのものだった。社内での役職だったり、株の分配だったり。

 

それらは、たとえ私と修平さんが離婚していなくても、私にはおよそ関係のないこと。

 

けれど、今回は違う。

 

おばあちゃんとの思い出の家が誰の手に渡されるのかが明らかになるはず。

 

修平さんは、おばあちゃんが亡くなる前から、いずれあの家で暮らしたいと言っていた。

 

古い家ではあるけれど、手入れはされているし、必要に応じてリフォームもされているから、設備は最新だ。

 

それに、広い日本庭園がある。

 

修平さんは庭の眺めを気に入っていた。

 

「行きたい?」

 

膝の上で組んだ私の手に、悠久の手が重なる。

 

私は首を回して彼を見た。

 

悠久の表情からは、私に行って欲しくないとか、行ってもいいんじゃないかとか、そういう感情は読み取れない。

 

だから、私は悠久の望む答えではなく、自分の想いを口にするしかなかった。

 

「わからない」

 

「わからない?」

 

ゆっくりと頷く。

 

「行きたいか行きたくないか、と聞かれれば行きたくない。修平さんのご両親と会うのは気まずいし、東京に行って萌花やお父さんに見つかったらと思うと怖い」

 

……だけど?」と、私の迷いを汲み取るように、悠久が先を促した。

 

「だけど、おばあちゃんが私を指名した理由は知りたい。ただ、財産分与の為だけじゃない気がするから。私が行かないと、おばあちゃんの家は誰にも相続されないままだし、あの家を欲しがっている修平さんに申し訳ないから」

 

「家?」

 

「うん」と、私は大きく頷いた。

 

「修平さんにとってのおばあちゃんの家は、悠久にとっての間宮の家と同じなの。修平さんの思い出の場所で、安らげる場所。だから、あの家はきっと修平さんに遺されていると思うから、早く相続して、またあの家で暮らせるようにしてあげたい」

 

「そっか」

 

悠久はそう言って微笑むと、私の身体を抱き寄せた。

 

私は、そうされると当然のように、彼の肩に顔を摺り寄せ、ほうっと安堵の息を吐く。

 

「東京に行こうか」

 

悠久ならそう言ってくれるような気はしていた。けれど、いざそう言われると、考えるより先に気持ちが零れた。

 

……だめ」

 

「え?」

 

「悠久は、だめ」

 

ふっと悠久の弾む吐息が耳をくすぐる。

 

「なんで?」

 

「見つかって連れ戻されたらどうするの?」

 

「それは楽も同じだろ?」

「私は――

 

――修平さんが守ってくれる?」

 

……

 

そう言おうと思ったわけではないけれど、気持ちのどこかにそんな考えがあったのだと思う。

 

見透かされたようで、私は口ごもった。

 

「他の男に守られてんなよ」

 

彼の指に顎をすくわれ、上を向くと唇が塞がれた。

 

軽く触れて、離れて、また触れた。

 

「一人で他の男に会いに行かせるわけ、ないだろ」

 

腰と後頭部を引き寄せられ、息もつけないほど深いキスを受け入れる。彼の首に腕を回すと、そのままソファに押し倒された。

 

「逃げて隠れてるだけじゃ何も変わらないことはわかってるんだ」

 

唇同士の僅かな隙間から、悠久は呟いた。

 

「このままじゃダメなことは、わかってるんだ」

 

眉根を寄せてそう吐き出す彼の唇を食む。

 

下唇を咥えて軽く吸うと、私の太腿に彼の興奮を感じた。

 

「一緒に行こう。そして、一緒に帰って来よう」

 

膝を立て、彼の興奮に触れ、膝頭で擦るように揺らす。

 

「楽?」

 

「なに?」

 

……いや――っ!」

 

上半身を起こして自ら彼に口づけながら、手を伸ばした。スウェットを押し上げる彼の熱は、触れると更にその存在感を強調した。

 

持ち上げるように下から彼の形に指を這わせ、ゆっくりとなぞる。

 

悠久が呼吸を忘れたのがわかった。

 

「ら……くっ」

 

いつも求められるばかりで、彼の愛撫に翻弄され、喘がされるだけ。

 

私も求めていると、知って欲しかった。

 

 

与えられる快感を、彼にも与えたい。

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -30px; top: 17px;"></div>

2018/4/25

Apr
25

 修平さんとの関

修平さんとの関係を誤解はされたくないけれど、ヤキモチを妬いて貰えるのはくすぐったくて嬉しかった。

 

次に修平さんから電話がきたのは、二日後だった。

 

『お祖母さんの最後の遺言の公開立会いに、楽の名前が挙がってるんだ』

 

「え?」

 

『お祖母さんが指名した全員が揃わないと、公開されないことになっていて』

 

「そんな……

 

私は、いつものようにダイニングからこちらを見ている悠久を見た。

 

彼は、困り顔の私を見て、どうしたのかと伺っている。

 

『楽。 悠久がダイニングから移動し、私の隣に腰を下ろす。

 

私は小さく頷いた。

 

「おばあちゃんの遺言は、亡くなった後のおばあちゃんの誕生日に公開されることになっているの。三回に分けて。その最後の公開が来週なんだけど、私も立会い人に名前が挙がっているらしくて」

 

……それは、楽にも財産が遺されているってこと?」

 

「わからない。修平さんの妻としてかもしれないけど、これまでの二回とも私は指名されていなかったし……

 

ただ、聞いたところでは、これまでの二回で公開された遺言は、会社絡みのものだった。社内での役職だったり、株の分配だったり。

 

それらは、たとえ私と修平さんが離婚していなくても、私にはおよそ関係のないこと。

 

けれど、今回は違う。

 

おばあちゃんとの思い出の家が誰の手に渡されるのかが明らかになるはず。

 

修平さんは、おばあちゃんが亡くなる前から、いずれあの家で暮らしたいと言っていた。

 

古い家ではあるけれど、手入れはされているし、必要に応じてリフォームもされているから、設備は最新だ。

 

それに、広い日本庭園がある。

 

修平さんは庭の眺めを気に入っていた。

 

「行きたい?」

 

膝の上で組んだ私の手に、悠久の手が重なる。

 

私は首を回して彼を見た。

 

悠久の表情からは、私に行って欲しくないとか、行ってもいいんじゃないかとか、そういう感情は読み取れない。

 

だから、私は悠久の望む答えではなく、自分の想いを口にするしかなかった。

 

「わからない」

 

「わからない?」

 

ゆっくりと頷く。

 

「行きたいか行きたくないか、と聞かれれば行きたくない。修平さんのご両親と会うのは気まずいし、東京に行って萌花やお父さんに見つかったらと思うと怖い」

 

……だけど?」と、私の迷いを汲み取るように、悠久が先を促した。

 

「だけど、おばあちゃんが私を指名した理由は知りたい。ただ、財産分与の為だけじゃない気がするから。私が行かないと、おばあちゃんの家は誰にも相続されないままだし、あの家を欲しがっている修平さんに申し訳ないから」

 

「家?」

 

「うん」と、私は大きく頷いた。

 

「修平さんにとってのおばあちゃんの家は、悠久にとっての間宮の家と同じなの。修平さんの思い出の場所で、安らげる場所。だから、あの家はきっと修平さんに遺されていると思うから、早く相続して、またあの家で暮らせるようにしてあげたい」

 

「そっか」

 

悠久はそう言って微笑むと、私の身体を抱き寄せた。

 

私は、そうされると当然のように、彼の肩に顔を摺り寄せ、ほうっと安堵の息を吐く。

 

「東京に行こうか」

 

悠久ならそう言ってくれるような気はしていた。けれど、いざそう言われると、考えるより先に気持ちが零れた。

 

……だめ」

 

「え?」

 

「悠久は、だめ」

 

ふっと悠久の弾む吐息が耳をくすぐる。

 

「なんで?」

 

「見つかって連れ戻されたらどうするの?」

 

「それは楽も同じだろ?」

「私は――

 

――修平さんが守ってくれる?」

 

……

 

そう言おうと思ったわけではないけれど、気持ちのどこかにそんな考えがあったのだと思う。

 

見透かされたようで、私は口ごもった。

 

「他の男に守られてんなよ」

 

彼の指に顎をすくわれ、上を向くと唇が塞がれた。

 

軽く触れて、離れて、また触れた。

 

「一人で他の男に会いに行かせるわけ、ないだろ」

 

腰と後頭部を引き寄せられ、息もつけないほど深いキスを受け入れる。彼の首に腕を回すと、そのままソファに押し倒された。

 

「逃げて隠れてるだけじゃ何も変わらないことはわかってるんだ」

 

唇同士の僅かな隙間から、悠久は呟いた。

 

「このままじゃダメなことは、わかってるんだ」

 

眉根を寄せてそう吐き出す彼の唇を食む。

 

下唇を咥えて軽く吸うと、私の太腿に彼の興奮を感じた。

 

「一緒に行こう。そして、一緒に帰って来よう」

 

膝を立て、彼の興奮に触れ、膝頭で擦るように揺らす。

 

「楽?」

 

「なに?」

 

……いや――っ!」

 

上半身を起こして自ら彼に口づけながら、手を伸ばした。スウェットを押し上げる彼の熱は、触れると更にその存在感を強調した。

 

持ち上げるように下から彼の形に指を這わせ、ゆっくりとなぞる。

 

悠久が呼吸を忘れたのがわかった。

 

「ら……くっ」

 

いつも求められるばかりで、彼の愛撫に翻弄され、喘がされるだけ。

 

私も求めていると、知って欲しかった。

 

 

与えられる快感を、彼にも与えたい。

<div id="gtx-trans" style="position: absolute; left: -30px; top: 17px;"></div>